あなたの利息を取り戻しましょう

時間の制限

あなたが最後に完済した日から10年が経過すると、その金融業者に対する過払い請求権がなくなります。つまり時効ということです。

借入、完済を繰り返しいる場合、その間隔が10年以上の開きがなければ、仮に過払いが何十年前の借入であっても請求は法的に可能です。実際に3、40年前の借入に対する過払い請求を起こす方もおられます。

複数の借金の過払い請求と時効

借金を複数の所から行っている場合には、後になってみると、詳しい事についてすっかりと忘れてしまう事もあります。そして、取引履歴について書かれた書類などを見てようやく思い出す事もあるかと思います。

借り入れの回数が多い場合には混乱してしまいがちです。過払い請求について思いだした時こそが、アクションを起こす時ではないでしょうか。

過払い請求は時効の問題がありますので、なるべく覚えている間で早期に行うといいでしょう。時効は長い様で、短く感じている人もいる様です。

時効が訪れない間に過払い請求を行ってしまいたいですね。そのためには、できるだけ後回しにしない様に心がけましょう。