あなたの利息を取り戻しましょう

時間の制限

あなたが最後に完済した日から10年が経過すると、その金融業者に対する過払い請求権がなくなります。つまり時効ということです。

借入、完済を繰り返しいる場合、その間隔が10年以上の開きがなければ、仮に過払いが何十年前の借入であっても請求は法的に可能です。実際に3、40年前の借入に対する過払い請求を起こす方もおられます。

複数の借金の過払い請求と時効

借金を複数の所から行っている場合には、後になってみると、詳しい事についてすっかりと忘れてしまう事もあります。そして、取引履歴について書かれた書類などを見てようやく思い出す事もあるかと思います。

借り入れの回数が多い場合には混乱してしまいがちです。過払い請求について思いだした時こそが、アクションを起こす時ではないでしょうか。

過払い請求は時効の問題がありますので、なるべく覚えている間で早期に行うといいでしょう。時効は長い様で、短く感じている人もいる様です。

時効が訪れない間に過払い請求を行ってしまいたいですね。そのためには、できるだけ後回しにしない様に心がけましょう。

過払いについての借金相談を弁護士に相談

過払いについての借金相談を弁護士に相談するケースは、任意整理などと並んで多いことがあげられます。借金に悩んでいる場合においては、債務整理の手段が適用されることがあげられます。

その場合には債務整理の内容を選択することももちろん大切であります。そのほかにも、過払い金が発生しているのかどうかで、借金返済にあてられるお金が増えてくる事があります。長い間借金の返済をしているような人であれば、どの人であってもそのような可能性が高いことが言えますので、債権者側に請求することを合わせて検討してみることが大切でしょう。

弁護士にも取り扱われている過払い請求

借金への悩みと共に、過払いに関する相談を行いたいという場合、借金相談と同様に、弁護士や司法書士の業務として取り扱われています。他の内容と共に、無料での相談が受け付けられているケースも多く、費用が気になる方にとっても気軽に利用できるシステムとして整えられています。

正式に過払い請求の手続き依頼を行う場合においても、借入先である金融会社からの速やかな対応が見込まれやすく、スムーズな解決を目指せるとして幅広く活用されています。また、過払い金の返済金額によっては、借金返済の滞りをはじめとする問題解決にも繋げられます。

弁護士に依頼できる過払い請求

弁護士によって取り扱われている業務の中に、借金相談が挙げられます。様々な事柄に分けられる借金の相談において、返済方法や債務整理と共に、過払い請求に関する相談も受け付けられています。

借金を返済し続ける中で、利息として返済金に含まれている金額には支払い過ぎてきたお金が発生していることがあり、返済先である金業者への請求手続きによって、取り戻せるケースもあります。手続きを行うには、法律専門家などを通じた請求手続きが有効的であり、個人的に対処するよりもスムーズな解決が見込めるとして、幅広く活用されています。

弁護士を頼りたい過払い請求

借金を返済し続けている方にとって気にしておきたい事柄でもある過払いの問題は、弁護士や司法書士などによっても業務として取り扱われている案件です。借金を返済する中で、利息分としての支払い過ぎている金額が発生しているケースがあり、金融会社への過払い請求を進めることによって、支払い過ぎていたお金を取り戻せることがあります。

法律専門家を通じた借金相談の一環として受け付けてもらえるため、無料での相談も可能な機関が多く存在している他、正式な手続き依頼を行うことによって、借入先からの督促を止められるといったメリットも挙げられます。

過払い請求についての情報