あなたの利息を取り戻しましょう

自己破産について

自己破産とは、法律を使い借金を返済する債務整理の一つです。
その特徴としては、全ての借金返済の義務がなくなる。

つまり借金は全てなくなるというものです。

また、自己破産には様々な誤解があるようですが、
必要最低限の生活は出来るので世間から厳しい批判を受けることや、
選挙権などが奪われることはありません。

司法書士に対して自己破産を持ちかける利点

家計の状態がかなり厳しい時には、同じ自己破産をするとしてもなるべくお金をかけたくないと考える人もいるかと思います。少しでも出費となる費用を節約して生活費にしたいですね。

自己破産を司法書士に対して持ちかける利点として考えられる事の一つに、相談費用に関する事が挙げられるかもしれません。自己破産の問題を弁護士に相談するよりも、司法書士に相談した方が法律家に支払う報酬に関しては若干安くなる事もあるみたいです。

しかし、相談費用というのはそれぞれの司法書士が独自に設定していますので、事務所によってはもちろん例外もたくさんありますので、依頼してしまうまでに相談費用を調べておいた方が良さそうですね。

自己破産は多重債務でその後も変わる

多くの会社から借りていて、結果的に返済できないまま終わってしまったのであれば、当然その後の影響も強くなっていきます。自己破産をしている場合には、その会社から借りられない状況となりますので、終わった後も当面借りられない状況になってしまいます。

借りられない時間が多くなってしまうどころか、多くの会社がそうした対応をしているので、数年程度経過しただけでは借りられないのです。今後また借りたいと思っている場合には、多重債務の問題が影響してくると思ってください。特に行ったことが初めてだったら、当然影響も強くなります。

多重債務の自己破産は時間もかかる

1つの会社だけ、債務整理を行いたいとしているなら、その会社が同意してくれれば問題ありません。つまり問題なく終わる可能性も高くなっているのですが、多重債務の場合はかなり時間がかかってしまいます。多重債務を抱えている人は、複数の会社と交渉しなければなりませんから、同意してもらえない場合には時間がかかります。

裁判所が認めて、その上で完了したことがわからないと自己破産となりませんから、当然時間をかけてでも交渉をしていかなければなりません。交渉に時間がかかってしまうと、借金整理には待たされるようになります。

多重債務者の自己破産について

多重債務に悩む方の解決手段の一つとして、自己破産すると言う方法があります。多重債務者など、借金の返済が困難な方の再スタートを助けるために国が設けた制度です。全ての財産を処分する必要があるため、資産が少ない方に向いた制度です。

また、ブラックリストに掲載されるため、一定の期間借り入れをすることができなくなります。自己破産後は債権者からの取り立てが来なくなりますので、全てをリセットした後、生活を立て直すことができます。ただし、保証人がついた債務は、保証人へ請求が行くようになるため、手続きをする前に必ず保証人へ相談した方が良いです。

多重債務が行うことのできる自己破産

多重債務が行うことのできる自己破産については、主に裁判所に破産を申し立てる流れになります。認められない場合には破産ができなくなってしまいます。このことについては裁判所の判断もありますので、弁護士のサポートを受けながらおこなっていくことをおすすめします。

自己破産という単語にはネガティブなイメージを持っている方が多いでしょうが、法律で決められた正当な措置になのです。何かまようようなことがあれば、しっかりと弁護士に相談してから、行動をするようにしましょう。法律事務所に受け入れが可能になりますので、すぐに対応してもらえるでしょう。

自己破産が出来る人

自己破産には厳しい審査があり、
条件を満たなければ、自己破産は受けることはできません。
詳しくは信頼できる弁護士にご相談ください。

自己破産についての情報