あなたの利息を取り戻しましょう

自己破産の期間

同時廃止の場合、受任から免責が決定するまでにかかる期間は
およそ半年~数ヶ月です。
もちろん個人の事情や裁判所によっても異なりますが、
手続きの間は業者への支払いはストップします。

保証人が司法書士に相談し自己破産

借り入れをした本人がすべての返済をすべきですが、難しい場合には保証人に残りの返済が要求されます。

自己破産をするのは、借り入れをした本人だけ行えばいいというのではなく、保証人も一緒に破産宣告を行う事が大事になってきます。

司法書士の元を訪れる際には、保証人と借り入れをした本人が一緒に訪れるといいかと思います。

保証人だけ自己破産しないとなると、取り立てが全部保証人の所に行ってしまう可能性が高くなりますので、必ず同意を得た上で司法書士事務所を訪れ、自己破産に向けて手続きをしたいですね。

そうでないと、のちに保証人が支払えない場合は、司法書士などに別途相談し破産に向けて手続きを進める事になるそうです。

多重債務者は自己破産を選択する

複数の金融機関や貸金業者に、借金をしている人のことを多重債務者と言います。この多重債務者が、債務整理をするとなれば、負債の総額を基準として判断しなければなりません。借金を抱えていると、生活が困難になったりと、日常生活にも支障が出てきます。

借金地獄からの救済方法として、債務整理がありますが多くの借金を抱えている状態であれば、自己破産を選択するしかないでしょう。自己破産を申請すると、家や車などの資産も手放さなければなりません。それに、信用情報機関のブラックリストに登録されるので、選択をするならば慎重に決定しましょう。

多重債務者が自己破産をすれば生活が楽になる

多重債務者に関わらず、自己破産をするだけで借金の取立てもなくなり、返済の期日もなくなります。ですが、自己破産にはそれなりのペナルティがあり、手続きを弁護士に依頼すると、その時点で信用情報機関のブラックリストに登録されます。

これは、数十年の記録が残るだけではなく、登録された日からキャッシングもローンも組むことができません。それに、子供のために奨学金を借りるにも、審査を通ることができないため、借りられない状態になります。借金が無くなる変わりのリスクが大きいために、なかなか債務整理の中でも選べない方もいます。

債務整理と自己破産について

債務整理の概要は、現状の借金返済で中々支払える状況にない場合、その状況を整理して無理なく支払える様に支払い計画を立て直すことや、自己破産という手続きで、どうしても借金を支払えない状態と認められたなら、支払いを免除する事ができる手続きです。

自己破産の手続きを行うとその手続き人の財産等は差し押さえされてしまいますが、借金の支払いを免除されるので、その後の収入は支払いにまわさず、借金の支払い環境から抜け出すことができます。また、この手続きの前に、支払い計画を立て直すことができる任意整理や民事再生の方法もあります。

自己破産関連