あなたの利息を取り戻しましょう

気になるQ&A

自己破産の申請は自分ひとりでも可能なのでしょうか?
可能ではありますが、いくつか書類を作成しなくてはなりません。

必要な書類等も細かいので、しっかりとしたものを提出し
審査を受けるというのであれば、
やはり弁護士等にお願いすることが賢明かと思われます。

利息制限法ってなんですか?
利息制限法とは、日本で作られた法律で、一定の利息が決められています。

利息制限法を超える利息で払いすぎた債務者などがいる場合、
その債務者は過払い金請求をすることができる。

ブラックリストというのは本当に存在するのですか?
ブラックリストは存在します。
ブラックリストは多重債務者や破産者といった方のリストになります。

金融会社にこのブラックリストはあると言われており、
多重債務や自己破産して間もない方がまた借金をつくりにきても
このリストにのっている方を断るという仕組みです。

法律事務所の拠点で相談する過払い請求

個人からの相談の中でも過払い請求を行ってほしいという要望は多い様ですので、大手の法律事務所の多くが過払い請求の相談を受け付けています。しかし、大手の法律事務所は遠いので過払い請求の相談ができないのではないかと不安な人もいる様です。

しかし、諦める前に確認していただきたいのが、拠点とその場所です。自宅近くに拠点があれば、そこで過払い請求について相談する事ができます。また、大手の法律事務所に過払い請求の事で相談する事ができれば、きっと安心できるでしょう。拠点がたくさんある法律事務所であれば、地方都市に暮らす人でも、気軽に相談できるチャンスは大幅に増えるでしょう。早速、拠点を探してみましょう。

土日に相談できる過払い請求

平日に仕事をしているという人も多いと思います。過払い請求などの相談については、土日に相談を行っている法律事務所もあります。平日は遅くまで仕事をしているという人であれば、土日で時間を取る事ができる時に、過払い請求について時間をかけてじっくりと取り掛かる事ができます。

しかし、過払い請求を扱っている弁護士すべてが、土日に対応しているという分けではありません。土日に過払い請求の事で相談できる弁護士を見つけないといけません。土日に過払い請求について相談できるとなれば、お出かけのついでに法律事務所を訪問する事もできます。信頼できる法律事務所が見つかれば、訪問の予約をしましょう。

過払い請求だけを行う

個人再生や任意整理など他の債務整理は行わないで、過払い請求だけを行いたいという人もいます。もちろん、過払い請求だけを行う事は可能です。借金の返済が滞ったりしていない場合には、過払い請求だけを行うといいでしょう。

しかし、過払い請求の手続きも金融機関とのやり取りが必要となり、また過払い請求をすれば、最終的には金融機関に対応してもらわないといけません。そのため、自分が直接金融機関に対して手続きを行うのではなくて、その間に弁護士などの法律機関が仲介してくれると、交渉がいい方向に進みやすくなります。できるだけ最初から法律家に頼んでおくと、効率的に話を進める事ができるでしょう。

過払い請求についての情報