あなたの利息を取り戻しましょう

債務整理手続きの流れとは

司法書士に債務整理についての相談を行う場合には、下記のような手続きがとられます。

まずは電話やメールなどで、司法書士事務所に債務整理相談をします。その際、把握している債権者数や残債務額などの概要を聞き取り、その上で面談の日程を決めます。

面談では、現在の生活の状況や仕事状況、 返済額、遅延や今までの借り入れの経緯などを話し、すぐに依頼する場合には、契約書に署名・押印します。その後各債権者へ、介入通知が発送され、債務調査が開始されます。

その後は、司法書士が代理人となり交渉を行いますから、依頼人が債権者と直接コンタクトを取ることもなくなり、督促もなくなりますから、精神的に安心できます。

このように専門家に借金相談を行うことで、債務整理の手続きを行うことができます。

多重債務に対処するための債務整理

借金問題における債務整理は、複数の借入先から借金をしている多重債務に悩む方など、主に自力での解決が困難とされる場合において適用されます。弁護士や司法書士への相談を進めることによって、法律に沿った解決策やアドバイスが取り入れられるだけでなく、速やかな問題解決のためにも有効となります。

面倒な手続き作業を一括して依頼することも可能とされており、日常的なペースを変えたり、余計なストレスを抱えたりすることなく、借金問題の解決を目指せるようになります。相談業務を無料で受け付けている専門機関も少なくありません。

債務整理と多重債務について

消費者金融やクレジットカード会社などの複数の貸金業者から、借金をしていることを多重債務といいます。その借金の返済が困難となってしまった人が、借金の減額や支払いに猶予を持たせることで、借金から解放されるのです。

このための手続きを債務整理といいます。弁護士に手続きの依頼をすることが、主な方法となります。この手続きには大きく分けて4つの種類があります。1つ目は過払い金請求、2つ目は任意整理、3つ目は民事再生、4つ目は自己破産です。借金からの解放の手助けだけではなく、ヤミ金業者とのトラブルの対応なども依頼することができます。

債務整理は多重債務をいきなり解消できる

債務整理を実施している場合に、現時点で多重債務の状態となっており、解消しなければならない人が突然変わる場合もあります。返済している借金の中には、過払い金が含まれている場合もあります。

この金額をそのまま支払っていくようでは、債務整理でしっかり解決できるわけがありません。解決できるような方法を採用して、少しでも返済が行いやすいようにします。多重債務の場合には、まずは過払いなどが起きていないか検討して、起きている場合には回収してもらい、それを返済に充てていきます。後は返済できれば解消されることもあります。

多重債務で必要な債務整理は

金融会社や貸金業者など何社にも渡たり、借金をして返済に追われている方を多重債務者といいます。生活が苦しくなり、借金の返済が滞ってしまう方は、債務整理することをおすすめします。

債務整理の方法としては、現在残っている返済分を減額して、特定の期限内に返せるよう個人再生計画を立てる個人再生のほかに、借金が少額であれば債務者との話し合いで、利息分などを減額してもらうよう交渉する任意整理があります。その他にも、特定調停や返済能力がないと判断される人には自己破産もあり、自分の現状によって四つの方法から選べるようになっています。

大阪、京都、神戸の弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041