あなたの利息を取り戻しましょう

債務整理で借金を減額させる

債務整理にはいろいろな手続きがありますが、その中でも最もライトな手続きなのが任意整理です。

任意整理は過払い金請求などで借金を減額させて3年程度で返済していくというものです。自己破産のように車や家などの財産を手放す必要もありませんし、手軽に行うことができます。

手続きをするためには、弁護士や司法書士に依頼をする必要があります。ですので、まずは借金相談の予約をするということから始めましょう。

債務整理や任意整理は初回の相談料は無料であるところが多いので気軽に問い合わせてみましょう。弁護士会や自治体が主催している相談会などに参加してみるという方法もおすすめです。

多重債務を解決させる債務整理

借金問題を抱える場合に勧められる債務整理には、主に多重債務など、一人で問題解決が進められなくなってしまっている方に適用され、弁護士や司法書士による相談業務としても取り扱われています。

借入先である金融業者への直接交渉が行われる他、裁判所への申し立てなどによって、借金額が見直されたり返済額を減らしてもらえたりするため、日常生活の立て直しも図れるようになります。相談業務が無料で取り扱われている関連機関も多く存在している他、手続きに関する面倒な作業は法律専門家へ一括してまかせられるため、余計なストレスを抱えずに済ませられます。

多重債務から抜け出すための債務整理

複数の金融会社から借金をしている多重債務に悩む場合、ほとんどのケースでは自力で解決させる事は難しいとされています。弁護士や司法書士へ相談を進めることによって、債務整理による手続きなど、長年の借金問題を解決させるための手立てが見出せます。

借入先と直接交渉をする任意整理をはじめとして、裁判所がくだす判断で借金額を減らせる民事再生、さらに裁判所に申請することで借金をすべてなくすことができる自己破産といった、一人ひとりの状況を踏まえた上での方法が選択されることで、より速やかな解決を目指すことが可能となります。

多重債務でも債務整理をした弁護士費用は支払える

多重債務の方がなぜ弁護士費用を支払うことができるのでしょうか。借金をしているからこそ、債務整理を行っているのであって、弁護士に依頼する費用もないはずです。その仕組みは簡単で、弁護士は相談者が一括で支払うことができないとわかっているので、分割払いにして支払ってもらいます。

また、弁護士に債務整理をお願いすると同時に、金融会社や貸金業者からの督促が止まります。督促が止まった月から、返済の義務がなくなるので、返済分として用意していたお金が、依頼費用として支払われるシステムとなります。悩んでいる方は、費用面を心配することなく相談してください。

多重債務者が抱える問題は債務整理で解決

貸金業者や金融会社など、複数から借り入れを行っている人を多重債務者といいます。その中の多くの方が、複数から借り入れをしているので、借金の総額が増え手に負えなくなります。返済に追われ、生活もままならなくなってしまう前に、弁護士に相談をして債務整理を行いましょう。

債務整理の方法の中には、家などを引き払うことなく、緩和された条件で返済を続けることができます。どの方法を選んだとしても、弁護士に依頼した月から、督促状が来ることがないので、生活費の確保ができます。多くの問題を抱えて八方塞がりとなっているならば、相談してみるのがいいでしょう。