あなたの利息を取り戻しましょう

債務整理の実績が多い弁護士

弁護士と言えばどんな問題でも簡単に法律の力で解決してしまう万能の存在の様に思われているかもしれませんが、扱う仕事の範囲というのはとても幅が広いので、特定の分野だけを得意としている事もあります。

中でも難しい借金に関する債務整理の実績が多い弁護士というのもいます。

債務整理は金融機関と困難な交渉を行ったりしないといけません。なかなか応じてくれなくても、債務者の依頼により債務整理を成功させないといけません。

これは弁護士の力量が試される事が多く、この分野を多く扱っており、得意としている人は頼りにできそうな気がします。実績はすべてではないですが、あるに越した事はないかと思います。

債務整理の自己破産は司法書士と弁護士どちらに依頼すべきか

人によっては弁護士と司法書士を混同している人もいるかも知れません。両者とも法律家となりますので、役割的に同じようなイメージを持っている人も多いでしょう。しかしながら業務の違いは大きくあり、借金相談についても異なります。

司法書士の場合においては最近、借金相談が行えるようになりましたが、一社に対して総額140万円までとの制限があり、取り扱えるものも簡易裁判所だけになっていますので、注意が必要になるでしょう。弁護士については、借金相談は全ておこなえますので、債務整理である自己破産などの相談も可能になります。

個人再生・自己破産の債務整理は弁護士に任せましょう

債務整理を依頼できる専門家には、弁護士と認定司法書士があります。高額な借金問題は認定司法書士には取り扱うことができない、という事実はよく知られていますが、あまり知られていない注意点がもう1つあります。

それは個人再生や自己破産など、簡易裁判所以外で訴訟を行うケースだと、認定司法書士は債務者の代理を務めることができない事実です。このケースだと認定司法書士は必要書類の作成しか行うことができず、裁判所の審議では債務者自身が発言しなければならないのです。弁護士に相談すれば、個人再生・自己破産の手続きを全て任せることができます。

弁護士に相談すれば債務整理の対象がわかる

債務整理といえば借金返済の負担を軽減するために行うのが一般的です。しかし債務という言葉は借金のみを指し示すものではありません。税金や罰金など、支払い義務があるものは債務と処理されます。

例えば借金以外の債務は債務整理の対象になるのでしょうか。税金や罰金など、公共に対して支払う債務は整理の対象外となります。税金に関しては別途さまざまな軽減手段があるので、そちらを利用すると良いでしょう。

離婚後の養育費は、子供を保護する目的があるため対象外となります。慰謝料に関しては、債務が発生した理由によって扱いが変わります。その他の債務に関しても、幅広い法律知識を持つ弁護士であれば疑問に答えてくれるでしょう。

リスクを伴う債務整理の自己破産

債務整理相談には、日々の取り立てに疲弊している人たちも利用しています。相談には弁護士や司法書士が対応しており、状況なども検討しその人に最適な債務整理を説明しています。あまりにも大きな借金を抱えてしまうと、全部なくしてしまいたいという気持ちも沸いてくるものです。

ですが簡単に破産できるものではありません。毎月の返済額を減らして 3年、5年と時間をかけて完済できるものなら、自己破産以外で検討するべきです。自己破産は持ち家や、資産価値があるものは没収されてしまいますし、現金や預貯金も制限されてくるため、とてもリスクを伴うものです。

債務整理についての情報

お気に入り

債務整理に関する情報をご紹介します。