あなたの利息を取り戻しましょう

任意整理の期間

任意整理の期間これは原則として3年または最大で5年間で、
その借金を返済し続けなければなりません。
3年間(または5年間)、決められた借金を返済し続ければ、
その後残った借金はなくなる=減免してもらうという形になります。

話合いが可能な任意売却について

任意売却については競売と比較される事が多いのではないかと思います。

しかし、これらは全く異なる手続きであり、任意売却については、残りのローンについては、債権者と話合いをする事ができます。時には自分の要望を聞き入れてくれる事もあるかもしれませんね。

任意売却について話合いがマストかと思いますが、交渉や話し合いが苦手な人は、法律家などに行ってもらう事もできます。競売はあまり周囲への印象も良くない事などから避けたいと思っている人は、任意売却について検討してみてはどうでしょう。

本当にローンで毎日辛い思いをしているという人は、任意売却について一度前向きに検討してみる事をおすすめします。

多重債務者ができる債務整理

多重債務者ができる債務整理については、おこなうことで多重債務状態から抜け出すチャンスとなるでしょう。債務整理をおこなうにあたってさまざまな制限はかかってきますが、おこなうことで気がかりになっていた借金がクリアになることでしょう。

そのような場合には、手段を選ぶことが大切になってきますので、失敗が起きないように弁護士や司法書士などの法律家に借金相談をおこない、しっかりとアドバイスを聞くことが大切になるでしょう。そうすることで早期解決が可能になりますので、早い段階で借金相談をすることをおすすめします。

多重債務で困っている方は債務整理を行いましょう

債務整理を行い時は、弁護士に借金相談をしてください。多重債務の方はどれくらいの額があるのか、どの金融機関から借り入れているのかなどを調査してくれます。借金の額をしっかりと把握をすることで、どのような返済プランを立てれば良いのか、アドバイスをしてくれます。

債務整理中は金融機関への払い込みをストップさせることが出来ますし、執拗以上の取り立てもすべて止めることが出来ます。そして金融機関に対し弁護士が代理で交渉をしてくれます。過払い金の請求や借入先の一本化など、いろいろな交渉を全て行ってくれるので、多重債務で困っている方はすぐに相談をするようにしてください。

多重債務で返済できなくなったら債務整理を

多額の借金を金融会社や貸金業者にしている場合、多重債務者として生活費を圧迫してしまうこともあるでしょう。最悪のときは返済ができなくなり、自己破産をしてしまう人もいます。そのようになる前に、債務整理を行って現状の回復や借金の減額で、苦しい生活から抜け出せるようにできます。

自己破産もその一つですが、ある程度の収入が見込め、減額した借金の返済が計画した期間内で払い終えることができるのならば、個人再生も方法の一つとなります。しかし、これには裁判所に個人再生計画書を提出しなければならないので、認可されるのが厳しい面もあります。

多重債務で借入中の過払い金請求は債務整理になる

多重債務者が借金の返済中に、過払い金請求を行うと債務整理扱いとなる場合が多いです。戻ってきた過払い金で、残っている借金の返済を完了ができるのであれば、請求するメリットはあります。しかし、過払い金請求をした時点で、債務整理として信用情報期間に登録され、1円でも残ってしまうとブラックリストに載ります。

返還された金額で完済できるのであれば、この登録は削除されますが、できなければそのまま登録され、最長7年ほどクレジットカードが発行できなかったり、ローンが組めないなどの制約があります。自分の過払い金が、どれぐらいあるのかを計算するには弁護士に依頼しましょう。