あなたの利息を取り戻しましょう

お金がかかる自己破産

お金がなくて困っている人が行う自己破産ですが、自己破産をするためにもお金がかかります。

もし、自己破産ができないとなるとずっと借金を背負い続ける事になってしまいます。

また、100パーセントの割合で自己破産ができるとは限りません。賭け事に夢中になり、借金したなどという時には、裁判所が自己破産の許可を下さない事もあります。

生活苦を理由に借り入れる人は多い様ですが、それでも全くお金がない状態であれば、法律相談すら受ける余裕がなくなってしまいますので、注意したいですね。

まだ法的措置なんて必要ないかな、と思っている間に問題はエスカレートする事も多いにあります。早めの対処が求められます。

浪費では自己破産ができない事も

このままではとても完済するという事は不可能だと考えられるケースであっても、本人の浪費がひどい事が借金の直接の原因となっている場合には、自己破産ができない事もあります。自己破産は裁判所によって判断が行われます。

自己破産をすれば何とかなるというのは、考え方が甘いと言えます。やはり自分自身で自己破産をしないために最大限に努力をするという事が欠かせません。どうしてもやむを得ない事情がある場合にのみ自己破産を行いましょう。他にもギャンブルをする目的の借金についても認められない事がありますので注意が必要です。普段から金銭を徹底して管理をする事が、トラブル回避のために大事となります。

少額でも自己破産となる場合

実は誰もが驚く様な高額な借金ではなくても、自己破産が実現する事もあります。それは、収入が少ない場合です。500万円やそれ以下の借金であったとしても、自己破産となるケースもあります。

収支のバランスを見て、完済は厳しい場合に自己破産が行われる事になります。逆に非常に高額な借金を抱えている人であっても、十分に支払いできる能力がある場合には、自己破産とならないケースもあります。

自己破産は全体を見た上で判断が行われる場合が多い様です。いくら以上の借金を抱えている人だと手続きをしないといけないという分けではありません。究極の解決方法となりますが、なるべく適応せず解決する事を目指しましょう。

自己破産における家族への影響

自分は自己破産をしないといけないと思われるが、できるだけ家族には迷惑をかける様な事はしたくないと考える人は少なくありません。自己破産と言っても家族が保証人となっているかどうかという事によって状況は違ってきます。

家族が保証人となっている場合に自己破産をするのであれば、より大きな影響があるという事が考えられます。しかし、そうではない場合には、自己破産をしても直接的に大きな影響は少ない事もあります。

家族のために自己破産をためらってしまうという事もあるそうですが、ずっと自宅で厳しい取り立てがあるなどという場合には、余計に大変な思いをさせてしまうという事も考えられます。

自己破産で新規一転債務整理の明暗

債務整理相談で自己破産手続きを依頼することで、現在の取り立ても止めることができます。弁護士へ依頼すれば、何からなにまでほとんど全部お任せできるので、後は裁判所の認可を待つだけです。認可が降りれば、これまでの借金は全部なくなりますから、新規一転、新しい人生をおくることができます。

給与を没収されることもありませんし、もともと持ち家や車、資産もなければ特に大きなリスクを伴うこともありませのですが、もし借金をする際に、保証人をつけていた場合、これまでの借金は全部保証人の元へ請求されることを忘れないでください。

自己破産についての情報