あなたの利息を取り戻しましょう

諦める前に司法書士に過払い相談

どうせ自分には過払いは該当していないだろうと簡単に諦める前に一度司法書士に相談してみるといいかと思います。

過払いについては正確な事を調べない限り、どうなっているのか分からない事もあります。ましてや、債務者が自分の勘を頼りにするだけでは、分からない事もあるでしょう。

無料で相談を受け付けている機会を利用すると、司法書士に気軽にコンタクトを取る事ができるかと思います。

また、弁護士に対して距離を感じるという人であっても司法書士なら、近しく話もしやすいかと思います。

気になっていると言う人は過払いについて本当の事を知る事で、安心して生活できるのではないでしょうか。その後で取り戻すかどうかの判断をしてはどうでしょう。

司法書士に不動産登記の相談

将来的にご近所の人と不動産の問題で揉めてしまう事があるかもしれません。そんな場合にはすぐに司法書士に相談すると、あっさりと解決する事ができるかもしれません。

司法書士は登記に関する問題を扱っています。

登記の中でも不動産登記も司法書士は扱います。不動産登記はその不動産の持ち主がだれなのかをしっかりと登録しておく事を言います。

司法書士に相談する事で、誰の不動産であるのかしっかりと登録されているので、その登録されている物をみる事ですぐに解決できます。

司法書士と弁護士が扱う内容

実は法廷に立つのは弁護士という印象が強いかもしれません。しかし、司法書士も簡易裁判所において、民事事件を扱う事ができるようです。

また、金額に制限はありますが、少額訴訟も扱う事ができます。制限があり弁護士の様に自由に行う事はできない様ですが、司法書士に相談できる事も多いのではないでしょうか。

司法書士と言えば、書類の作成などを行っているというイメージがあるかもしれませんが、このようにいろんな仕事を行っています。司法書士の方が気軽に相談しやすいと感じている人もいるようで、法律に関して困った事があれば司法書士に依頼する人もいます。

しかし、扱う仕事内容に制限がある事が多く、法律に関する案件を自由に扱うという事ができない場合もあります。

司法書士と官報

司法書士になるまでは、官報を見たことがなかった、という人も結構いると思いますが、官報とは国の機関紙のことで、国会や皇室に関することや、国家公務員の役職員の人事異動、公告などが掲載されています。

ちなみに、国家試験である司法書士試験に合格すると、合格者として自分の名前が載ることになります。

司法書士の仕事は、会社法に関することなどをよく扱っているので、裁判所の公告として破産、会社更生関係についてや、会社の公告として合併公告、決算公告などが掲載されているため、官報を読んでいる人は多いです。

インターネットサイトで、1ヶ月以内なら無料で全文検索が出来るので便利です。

司法書士の仕事

登記専門の国家資格です。
最近では簡裁訴訟の認定を受けることで弁護士と同じように裁判所に立てるようになりました(事件の金額等により制限はありますが)

ますます活躍の場が広がっているこの資格は、非常に人気のある国家資格です。
資格取得の難易度は高いですが、合格目指して頑張りましょう。

もしも司法書士の資格を取得する事ができて、仕事をするようになればかなりのお給料をもらう事ができるのではないかと期待している人も多い様です。確かに一般的なお仕事に比べると得られる収入は多い方でしょう。

しかし、司法書士と行っても収入はピンからキリまであります。中には司法書士としてたくさん稼いでいる人もいます。しかし、新人である場合や、または状況によっては思っているよりもかなり少ない収入となってしまう事もあります。

また、司法書士と言えば高収入だと思い込んでいる人も多い様ですが、実際にはそれほどの収入はないという人もいます。収入に対しては過度に期待しすぎるのも考えた方がいいかもしれませんね。

司法書士として少しずつキャリアアップしていく事も可能でしょう。

司法書士、弁護士の情報