あなたの利息を取り戻しましょう

利息制限法の上限と借金相談での債務整理

貸金業者との取引をしていた際の金利が利息制限法の上限を上回っていた場合、請求をすれば超過分を取り戻すことが可能です。
それを過払い金請求を呼びます。

過払い金請求は債務整理の一種なので、弁護士や司法書士に手続きを依頼するというのがベストな方法です。そのために最初に行うべきことは、弁護士や司法書士に借金相談をするということです。

借金相談が済んだら契約をして手続き開始となります。

過払い金請求には時効の壁があり、最後に取引をした日から10年が経つと時効が成立してしまい手続きができなくなってしまいますので、余裕を持ってなるべく早めに借金相談に行き手続きを行いましょう。

借金に行き詰まってしまったら債務整理を

借金が膨らんできてしまい、毎月の支払いに影響が出てしまった時、他の貸金業者からも借りられずに困ったら、携帯や会社などに電話がいってしまって困ることもあるかもしれません。そんな時に助けてくれるのは法律です。債務整理という方法をとって業者からの取立てを止めることで今後の支払い計画をし直すことができます。

そうすることで苦しかった生活も再度立て直すことができることもあります。そのためには、法律のプロである弁護士にお願いすることが必要になります。今では借金相談は無料で相談に乗ってくれるようになってきたので、気軽の相談できるようになってきていますので相談してみるのはどうでしょうか。

債務整理で借金から解放されましょう

多額の借金で困っている方は、弁護士に借金相談を行って下さい。借金の完済、減額に向けて債務整理を行ってくれます。特に効果が高いのが、過払い請求です。過払い請求は過去に遡って払いすぎた利息を返してもらうことが出来るので、多くの借金で苦しんでいる方は多くの過払い金があります。

返ってきた利息は、そのまま元本の返済に充てることが出来るので、借金の減額をすることが出来ます。他にもいろいろな方法を使い、返済猶予を求めたり、借金を1本化して無理の無い返済プランに変更をしたりすることが出来ます。借金で困っている方はすぐに弁護士を利用してください。

借金相談で言われる任意整理のデメリット

簡単に行える方法として知られている任意整理ですが、デメリットを借金相談で言われることが多くなっています。一番多く言われているのが、減額できる金額が小さいので、思ったほど借金が減っていかないかもと話をされることです。

減額できる幅が広い方法であればいいのに、意外と小さい金額しか減らせない状態となっているのが厄介です。利息分だけでも軽減してもらえばいいと思っているなら、任意整理を行っても構いませんが、どうしても厳しいと思っている場合には、他の方法を検討してもらって、返済できるように調整したいところです。

借金相談には任意整理なら行きやす

他の方法を取る場合は、弁護士の事務所に行くなどの方法を取りたいものですが、それ以外の状況であれば借金相談を行っている会場に行くのもいい方法です。会場では債務に関連する相談も行ってくれますが、任意整理程度の方法であれば簡単に実施してくれる可能性もあります。

行えることを告げて、相談できる事務所の名前を伝えてくれる可能性もありますので、その状況に持っていけることを狙っていくようにします。なるべく問題がないように終わらせていくことと、任意整理程度でもいいから行ってくれることを願って利用してください。金額の問題を見てもらうだけでも構いません。

おすすめ

借金相談に関するおすすめ情報をご紹介。

借金相談についての情報