あなたの利息を取り戻しましょう

利息制限法の上限と借金相談での債務整理

貸金業者との取引をしていた際の金利が利息制限法の上限を上回っていた場合、請求をすれば超過分を取り戻すことが可能です。
それを過払い金請求を呼びます。

過払い金請求は債務整理の一種なので、弁護士や司法書士に手続きを依頼するというのがベストな方法です。そのために最初に行うべきことは、弁護士や司法書士に借金相談をするということです。

借金相談が済んだら契約をして手続き開始となります。

過払い金請求には時効の壁があり、最後に取引をした日から10年が経つと時効が成立してしまい手続きができなくなってしまいますので、余裕を持ってなるべく早めに借金相談に行き手続きを行いましょう。

おすすめ

借金相談に関するおすすめ情報をご紹介。