あなたの利息を取り戻しましょう

借金相談の債務整理における書類作成や計算

債務整理は借金問題に悩まされている人のための救済措置ですが、様々な手続きの方法が存在します。

借金を減額させるための任意整理や過払い金請求や個人再生、借金を全額免除してもらうための自己破産などです。借金相談をした多くの人の中でも最も利用されている手続きが過払い金請求です。

過払い金請求は自分で手続きを行うこともできますが、膨大な手間度時間を要するため司法書士や弁護士に借金相談をして依頼するのが一般的な方法です。

書類の作成や過払い金の計算などをスムーズに進めてくれます。債務整理の依頼をするためには借金相談をするということから始まります。

初回の借金相談料は無料であることが多いので、まずは気軽に問い合わせをしてみましょう。

借金相談で最初に提示される任意整理

借金相談をしている人は、意外と最初に提示されるのが任意整理であることに驚くことも多くなっています。かなり大きな方法を提案してくるのではなく、まず小さい方法から変えられないか検討していくケースが多いのです。それでも厳しいと判断されるようなら、大きな方法に切り替えていくことが多くなっています。

任意整理を行っていくなら、料金的にも負担の意味でも小さくなってきます。ただ返済できないような状況を続けていくのはかなり問題となっていますので、返済できることを前提にしながら、方法を考えていかなければなりません。

借金相談と簡単な任意整理の手続き

借金相談を行ってみて、減額する幅を小さくしても返済できる能力を持っているなら、生活習慣の改善や、お金の借り入れなどの停止を促すようにしながら減額します。任意整理でも大丈夫と判断されるようになりますので、問題なく整理を行う方法はあります。

減額したいと思っている場合に、どうしても生活習慣などによって、かなり大掛かりな方法を取らなければならない事態もあります。しかし変えられるところを変えて、簡単な方法に変えていくことができれば、負担は大幅に減っていくこととなります。任意整理を行うなら、相談の時に様々な指摘もあるでしょう。

借金相談で任意整理をしよう

取引開始時まで遡り、利息制限法の上限まで現在の金利を下げて再計算し、現在抱えている借金を減額することを任意整理と呼びます。元本の返済期間を決めて和解する契約を貸金業者と結んで、以降はこの内容で返済をしていくことで、借金を減額する方法です。

遅延損害金や将来の金利を返済する必要もなく、月々の返済額も少なくなるので生活に支障が出にくくなります。任意整理をすることによって、これまで余分に返済を続けてきたグレーゾーンの金利分を減額してもらうことも可能になりますので、一度弁護士などの専門家に借金相談をすると解決策を提示してもらえます。

任意整理を利用しての借金相談

長年に渡り借金返済をしている方には任意整理をすることをおすすめします。任意整理は裁判所を通さずに、将来の利息分のカットや、今よりも良い条件での返済方法を、司法書士と債権者間で交渉することです。これらにより過去に支払いすぎていた利息分などが元金に還元されることもあり、借金が減額することがあります。

弁護士に借金相談することにより、債権者と債務者間で直接交渉することがなくなるため、債務者の負担が軽減することができます。裁判所が関与しないため、自己破産などより手続きが比較的簡単にできるため、現在借金を返済している方は一度、弁護士に借金相談をしてみることも借金返済方法のひとつです。