あなたの利息を取り戻しましょう

司法書士と弁護士が扱う内容

実は法廷に立つのは弁護士という印象が強いかもしれません。しかし、司法書士も簡易裁判所において、民事事件を扱う事ができるようです。

また、金額に制限はありますが、少額訴訟も扱う事ができます。制限があり弁護士の様に自由に行う事はできない様ですが、司法書士に相談できる事も多いのではないでしょうか。

司法書士と言えば、書類の作成などを行っているというイメージがあるかもしれませんが、このようにいろんな仕事を行っています。司法書士の方が気軽に相談しやすいと感じている人もいるようで、法律に関して困った事があれば司法書士に依頼する人もいます。

しかし、扱う仕事内容に制限がある事が多く、法律に関する案件を自由に扱うという事ができない場合もあります。