あなたの利息を取り戻しましょう

グレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の上限金利との間の金利となります。

・利息制限法の上限金利
  元本10万円未満→年20%
  元本10万以上100万未満→年18%
  元本100万円以上→年15%

・出資法の上限金利
  年29.2%

グレーゾーン金利と過払い金

過払い金はグレーゾーン金利とも呼ばれています。
消費者金融、クレジットカードなどの金融機関を利用した場合、多くの人が返済の際に利子を支払わないといけません。

利子は利息制限法と出資法というちがった二つの法律により定められています。
問題はこの二つの法律内で定められている利子の上限額が違います。そのため、グレーゾーンが発生して、過払い金が発生する仕組みとなっています。

現在では、非常に多くの人がキャッシングを利用しています。そのため過払い金が発生している人もたくさんいるようです。

もし、借金が返しても返しても元金が減らない場合は一度弁護士や司法書士に相談してみてください。過払い金が発生している可能性があるかもしれません。

借金相談も過払いが対象に入っている

相談したいと思っている方にとって、何か相談できることが多くなっているのはいいことです。相談できる内容があまりないように感じられたり、制限されているのは少し嫌なところです。

相談しやすいように作られているところを利用したほうが、圧倒的にいいのは間違いありません、そのためには相談できる内容をしっかりと見ておきます。借金相談の場合は、ただ整理のために相談できるのではなく、それ以外にも過払いなどに対応しているかどうかをチェックします。これらの対応がしっかりされていることが、選ぶ理由にもつながっているのです。

過払い関連の借金相談を増やす理由

大手の事務所を中心に、借金相談を増やして日本全国を回る活動をしていますが、この活動を増やしている理由として、過払いの時効がかなり近くなっているからです。時効として提示されているのは10年ですが、この年数に迫っている人が増えているため、どうしても回収しないと間に合わないものが増えています。

そろそろ発生しないような借り入れが多くなってきて、依頼数字体は減っているとされますが、借金相談によって回収できる状況を作らないと過払いが帰ってこない場合もあります。早く対応するのがとにかく大事なことと考えましょう。

弁護士による過払い請求のメリット

借金相談としての業務が取り扱われている弁護士へは、過払い請求の手続きを依頼することも可能です。借金の返済を長期間に渡って続けてきた方の場合、利息として支払われてきた金額には支払い過ぎているお金が発生しているケースもあります。

返済先である金融会社への請求を行うことで返金されることがあり、借金返済分に充当させられるなど、悩みの種である借金問題そのものの解決へと繋げられることもあります。速やかな問題解決を目指すことで、過払い金だけでなく、長年抱えられてきた借金に関してのストレスも開放させることができるようになるでしょう。

過払い請求を弁護士に依頼した方がいい人って?

過払い請求は自分で行うこともできますが、もし今まだ返済中で、それでも請求をかけようとしている方は、最初から弁護士に依頼することをお勧めします。なぜかという借金返済中の過払い請求は債務整理にあたり、すでに完済している人よりも交渉が難しいのです。

お金を借りているのに、その会社から余分に支払った分を返せと請求をかけるのは、会社としても心象があまりよろしくありません。下手をすると訴訟になってしまう可能性もあります。そもそも訴訟になってしまった場合には、自分の力ではどうすることもできないので、最終的には弁護士に依頼をすることになります。

過払い請求についての情報